甘酒には2種類あります。<昨日の続き>

こんにちは。今日は昨日の続きです。

甘酒には酒粕から作る甘酒と米から作る甘酒があると言いましたよね。それで、いま話題になっているのは、米から作る甘酒のことですよ。ってことを、昨日話しました。

今日は、この米の甘酒について、どの甘酒が選べばいいか?ということについて・・・。

今、結構スーパーではいろんな米の甘酒が置いてますよね。ただね、スーパーはどちらかというと安いのを取り扱いたがります。味はどうでもいいんです。

では、安いのと高いのはどう違うのか? もともと、この米から作る甘酒って誰でも簡単に作れるんです。米と麹と水を入れて発酵させれば出来上がるんです。(ただ、これに酵母を入れたらお酒になるので、自宅で作ったら法律違反で捕まりますのでご注意下さい)

ってことで、簡単に作れるので本来は安いものなんですが、一つの欠点が出てきます。麹臭くて美味しくないこと。(慣れれば問題ない人もいますが) なので、この米の甘酒が今まで流行らなかった原因の一つなんです。それと、原料である米の違い。どうせ甘酒にするんだからと、大抵は古米とか二等米とか使ったりしてます。

それが、近年甘酒が流行ってきているのは、この最初で触れた麹臭さをなくす努力をしているメーカーが増えてきたこともあるんですが、この美味しい甘酒の欠点は、若干お値段が高めということ。ただし、安い米を使えばそれほど高くはないですけどね。

なわけで、もしこの原料を最高のお米を使い、思いっきりて手間暇をかけて、とことん麹臭さをなくした甘酒があったとしたら・・・飲んでみたいでしょ。

その究極の甘酒は、当店で取扱いしている甘酒の兄弟会社でもある

(新潟)古町麹製造所

の甘酒が一番のこだわりをもって作っています。(インターネットで検索して下さい)

当店のは、その兄弟会社の酒造メーカーのを取り扱っているのですが、ここのも原料は同じく最高のものを使っています。

(新潟)今代司酒造 甘酒 麹 720㍉ 1200円(税別)

新潟産コシヒカリ100%に国産の最高級麹を使って、水はお酒に使われる仕込み水を使っています。

トコトン手間暇をかけてるので、とにかく飲みやすいです。

先日、「スーパーで買ったら、変に甘すぎて美味しくなかった~」って、この甘酒を購入していきまして、それ以来ずっとコレばかり飲んでます。

もう1人は、「スーパーの甘酒が美味しくなくて、健康のために鼻つまんで飲んでます」という方もいました。

やっぱり、美味しい方がいいと思いませんか?

もし、米の甘酒に満足してなかったら、一度試してみて下さい。

ただ今、この甘酒はメーカー欠品中ですが、なにもなければ今日あたり入荷予定です。

ではでは!!

デイリーショップ ヤマモト
住所:中川郡幕別町宝町75
電話:0155-54-2731
営業時間:8:30~20:30 (月~土)
9:00~17:30 (日曜日)
(不定休)

Facebook・twitter・instagramやってます。

Facebookページ ←をクリックしたら当店のページにジャンプします。ぜひ「いいね」をよろしくです。

Twitter ←をクリックするとtwitterページにジャンプします。「フォロー」お願いします。

Instagram  ← インスタグラムのページにジャンプします。

当店はブログランキングに参加しています。下のボタンをクリックするだけでOKです。ぜひ応援して下さい!!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 十勝支庁情報へ
にほんブログ村

記事を気に入ったらシェアしてね!
Share on Facebook

Facebook

0Tweet about this on Twitter

Twitter

コメントを残す




CAPTCHA